日本企業の海外M&A 2011年度は過去最高

印刷

   2011年度の日本企業による海外企業に対するM&A(合併・買収)は、企業の海外戦略の強化や資源・エネルギーの安定確保などの動きを背景に、金額が7兆3264億円、件数が474件となり、ともに過去最高になった。M&A助言のレコフが2012年4月4日に発表した。前年度に比べて金額では2倍増、件数では2割増となった。

   地域別金額は、対北米3兆788億円、対欧州3兆368億円、対アジア5614億円だった。歴史的な「円高」が進行したことで、日本企業が「買い手」として優位になったことも後押しした。

   大型の買収案件では、武田薬品工業がスイスの製薬大手、ナイコメッドを約1兆1000億円で買収したほか、キリンホールディングスがブラジルのビール2位、スキンカリオールを買収。三井住友フィナンシャルグループは英銀大手のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)から航空機リース事業を買収した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中