「爆音の父」ジム・マーシャル氏死去 88歳

印刷

   エレキギター・アンプの「マーシャル」ブランド創始者のジム・マーシャル氏が2012年4月5日、英国で死去した。88歳だった。

   マーシャル氏は1923年ロンドン生まれ。ドラマーとして活動した後、楽器店を始め、62年に初のマーシャルアンプとなる「JTM45」を完成させた。そのワイルドなサウンドが当時のロックギタリストに受け、以来次々と名機を開発。ジミ・ヘンドリックスやリッチー・ブラックモアら数多くのギター・ヒーローがマーシャルアンプを使用し、マーシャル氏も「Father of Loud(爆音の父)」と呼ばれ親しまれていた。

   訃報を受け、元ガンズ・アンド・ローゼスのギタリスト、スラッシュ氏はツイッターに「彼の死はとても悲しい。彼がいなければロックンロールサウンドは今のようにはなっていなかっただろう。彼のアンプは永遠だ」とコメント。オジー・オズボーンバンドなどでの活躍で知られるギタリスト、ザック・ワイルド氏もツイッターで「マーシャル親父に祝福あれ」と呟き、生前のマーシャル氏と撮影した写真を掲載して追悼している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中