加護亜依「こんなの言われたくないよ」 突然号泣して席を立ち、「弱さ」を露呈

印刷

   元モーニング娘。の加護亜依さんが、久しぶりにテレビに登場した。「自殺未遂」騒動後の出演ということで注目を集めたが、カメラの前で取り乱して撮影を中断させ、ネットでは「加護は幼なすぎる」といった厳しい見方が挙がっている。

   2012年4月8日、フジテレビで特番「木村藤子スペシャル 気づいてほしい明日のゆくえ」が放送された。霊能者、木村藤子氏が芸能人の悩みに対し、透視能力を使いながら答えるという内容だ。

「何でもいいけど世界に名を残したい」

   加護さんは、今後の仕事の方向性に悩んでいると話す。ハロプロ時代に喫煙などのスキャンダルを連発して事務所を解雇されて以来、道に迷っているような状態なのだという。

   これに対し、木村氏は「そんなに大きくこの仕事いつまでも続けるでしょうか」。さらに、将来の目標として書いていた「世界に名を残したい」という言葉について、「これは女優としての将来ですか?」と質問。加護さんは「何っていうのは決まってない。何でもいいけど、世界に名を残したいというのが小さい頃からの夢」と答えた。

   木村氏は、「世界に名を残したい」というのは希望だからいいけれど、「あなたの仕事上の立場から言うと普通言わない。『将来大きく夢が開くか』とかに言葉を換える」と指摘する。「世界に名を~」という表現だと「驕っている」などと勘違いされかねない、ということなのだろう。

「言葉のキャッチボールが出来ていない」

   加護さんは、「世界に名を残したい」という思いは昔から抱いていたが、「今まで誰にも言ったことのないこと。テレビで言うのはちょっと恥ずかしい」と話す。木村氏から「でも、あなたはテレビを意識している訳です」と言われると「いや……」と首をかしげる仕草を見せた。

   すると、木村氏が「何故あなたはここに来たの?これが放送されるということが頭に入ってない。カメラが入っていると、あなたの仕事なの」と言い放ち、カメラの前では芸能人としてもっと考えて発言するよう説く。加護さんはこれにショックを受けたのか、泣きながら「ごめんなさい、わかんない。こんなの言われたくないよ」と突如席を立って部屋を出てしまった。撮影中断だ。

   番組では、1時間後に加護さんが気を落ち着けて部屋に戻ってきて事なきを得たが、ツイッターなどでは、

「加護て精神年齢デビュー時で止まってんだろうな」
「加護が幼さすぎて、自分を分かってない」
「きちんと躾をされてこなかった、甘ったれさせられるだけできちゃったひとは、かわいそうだな、といった印象が強い。だから本当のタフさに乏しい」

といった声が挙がった。

   加護さんは現在妊娠中で近く母親になることについても、「母親になるんだよな。それにしては幼すぎる」と厳しい見方が出た。評論家の中森明夫氏は「なんで加護ちゃんがあんなインチキばばあに説教くらわなきゃいけないわけ!? オセロ中島を洗脳したという自称・霊能者をあれほど叩いたのに、なんだこの番組は!」と番組の作りを批判していたが、それでも加護さんの考えが甘いと感じた人はかなり多かったようだ。

   番組最後には、少しお腹の大きくなった妊婦姿の加護さんが登場。木村氏には「言葉のキャッチボールが出来ていない」などと指摘されていたが、以来自分の考えを言葉で人に伝えることを意識していて、知人からも「すごい大人になった」と言われたということだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中