30日以上ツイートないと「遺影」状態 新サービス「いいひとだったー」が話題に

印刷

   多くの人に利用されているツイッターだが、放置されているアカウントもかなり多い。そうした状況に目を付け、長期間にわたってツイートのないアカウントを遺影風にして一覧表示するサービスが話題になっている。

   個人が作成したもので、2012年4月23日ごろオープンした。その名も「いいひとだったー」というサービスだ。

鳩山由紀夫元首相も遺影状態

「いいひとだったー」サイト画面
「いいひとだったー」サイト画面

   仕組みは凄く簡単だ。まず「喪主」の欄に自分のツイッターアカウントIDを入力。次に「葬儀を始める」ボタンを押すと、30日以上ツイートがないフォロー相手のアイコンが遺影風の額に入って、一覧で表示される。期間については「10日以上」でも「60日以上」でも自由に設定可能だ。

   サイトでは「本日はご多忙中のところをご臨席いただきましてありがとうございます。只今より、亡くなったツイッタラー様のご葬儀を執り行います」「最近見かけなくなってしまった人との思い出を振り返ってみてください」と説明。61万人にフォローされている鳩山由紀夫元首相も、最後のツイートが2011年3月なので、遺影状態になる。

   かなりブラックな感じのサービスだが、確かに、ときおりこのサービスを使うことで呟きのないアカウントを思い出すこともあるだろう。また、フォローリストを整理する際に使えばフォローを外す、継続するか判断するのに参考になるかも知れない。

「地震の呟きが最後の人がいてシャレになってない」

   オープン直後から話題になり、ツイッターなどには多数の呟きが寄せられた。

「これブラックジョークではあるけど、最近見かけないあの人を思い出すのに本当に便利。逆に久しぶりに連絡取ってみようかなとか、ポジティヴな使い方できると思う」
「半年以上つぶやいてないフォロアーがめっちゃ多いのにびっくりした。フォロアーの整理に使える」

と好意的な人が結構多いようだ。

   一方で、「軽い気持ちで使ったら死んだ著名人が出てきて心が折れた」といったものや、

「去年の3月11日に『すごい地震でこわい』みたいなつぶやきが最後の人が何人かいて、『葬儀を始める』ってのがシャレになってない感じだ」
「地震直前のツイートでぱったり止まってる人が居て迂闊に使えない」

という感想もある。確かに、葬儀をモチーフにしているだけに表示結果によって色々な受け止め方をされそうだ。

   サイトでは「当サイトへのマジレスは御控えくださいますようご協力をお願い致します」と書いていたが、作成者のツイッターアカウントには「発想が最高ですww」というものだけでなく、「ジョークで作られたのはわかるのですが、亡くなられた知人のアカウントもそのまま残っています。できればこのようなサイトはやめて頂きたいです」といったメッセージも少し寄せられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中