都の尖閣購入、早くも寄付相次ぐ 27日に石原知事が詳細発表

印刷

   東京都は、予定している沖縄県の尖閣諸島3島の買い取りに向けて、広く寄付金を集める方針だ。ネットアンケートでは、買い取りや寄付への支持は高い。中には、寄付受け付けが始まるのを待ちきれず、早くも寄付した人も出ている。

   ネットのツイッター上では、「寄付します」宣言をする人が続出している。3島の購入額は不明だが、寄付の総額が「5億円」「20億円」に達すると試算する人もいる。

ネット上、「1万円寄付」動画も


   2012年4月27日にある石原慎太郎都知事の定例会見で、「尖閣諸島購入の寄付金口座について発表あり」。猪瀬直樹副知事が25日のツイッターでそう告知した。

   猪瀬副知事は、石原知事の尖閣購入発表(4月17日)後、購入資金の一部に一般からの寄付金をあてる考えを示していた。

   購入予定額は不明だ。マスコミ報道では、「3億円程度」「10~15億円」といった専門家の見方が紹介されている。埼玉県に住む地権者の弟は、「外国資本が350億円で買いたいと言ってきたことがある」とテレビ朝日などの取材に答えている。

   都が土地購入する場合、「2億円以上かつ2万平方メートル以上」なら議会の議決が必要だ。今回の尖閣3島の面積合計は、規定を大きく上回っており、焦点は2億円以上かどうかだ。

   3島購入額が仮に2億円以上でも、寄付金分があれば、税金投入額が2億円を下回り、議会議決が不要になる可能性もある。

   猪瀬副知事の寄付募集方針が報じられると、早速、現金書留などで寄付する人も出てきた。都の知事本局総務部によると、4月24日までに約30件が寄せられ、以降も1日数件は届いているという。金額は集計していないが、関係者によると、「1件1万円」の例が多いようで、単純計算すると30万円前後のイメージだ。

   中には、自身が都庁へ行き、1万円と尖閣購入に賛同する趣旨を書いた手紙を封筒に入れ、都庁の受付のような場所(無人)に置いていく様子を映した動画をネット上で公開している人もいる。

   ツイッターをみると、「都民じゃないが、寄付させていただきました!」と報告している人もいる。これから寄付したいという人が多く、「是非寄付させていただきたい」「1万円寄付するわ」などと書き込んでいる。

都の「尖閣購入」に寄付しますか?額は?
しない
5000円以下でする
1万円程度でする
2万~10万円未満でする
10万円以上でする
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中