北アルプスで遭難、6人全員死亡

印刷

   長野県白馬村の北アルプス・白馬岳へ登山に向かったまま連絡が取れなくなっていた福岡県北九州市の男性6人について、2012年5月5日に全員が近くの小蓮華山付近で倒れているのが発見された。その後ヘリコプターで収容されたが、全員の死亡が確認された。

   白馬岳周辺では4日午後から天候が悪化し、吹雪になっていたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中