騙される人続出する虚構新聞 「ネット界隈お騒がせ」と謝罪

印刷

   政治や社会を皮肉ったパロディ記事を掲載している嘘ニュースサイト「虚構新聞」に騙されてツイッターで「マジレス」してしまう人が続出し、騒動となった。虚構新聞自体は昔からある老舗ネタサイトとして知られていたが、改めて注目が集まっている。

   騒動の発端となったのは、2012年5月14日に掲載された「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」という記事。大阪市の橋下徹市長が、小中学生のツイッター利用を義務化する法案の提出を予定している、という内容だ。

「橋下氏ならやりかねない」という誤算

ツイッターで拡散した記事。上部には「虚構新聞」のロゴが。
ツイッターで拡散した記事。上部には「虚構新聞」のロゴが。

   もちろん、サイト上部には「虚構新聞」と書かれているし、最後まで読めば普通のニュース記事の文章ではないということも分かる。多くの人は「やっぱり虚構か」とすぐに見抜いたものの、ツイッターで今回の記事に釣られてしまう人が続出。「こんな独裁を許していいのか」と本気でコメントする人が多数出た。

   これを受け、14日に虚構新聞はツイッターで「本日付記事でネット界隈をお騒がせしたことをおわび申し上げます」と謝罪。現実にあり得ないことを記事にするのがポリシーだったが、「橋下氏ならやりかねない」と思われたのが「誤算」だったとする。今後はより現実離れした記事にしていくという。

   また、記事を読んだ人から「タイトルに【虚構新聞】と入れろ」という指摘も来たといいう。これについては「ご批判は理解できますが、言い換えると、それは本紙読者のリテラシーをバカにしているのではないかとも思うのです」と反論。今回の橋下市長のように、実名でネタ記事を書く際は「公人であること」をガイドラインとしているという。

「虚構新聞に怒る人は自分の首を絞めることになる」

   虚構新聞は2004年からあり、2ちゃんねるなどでは風刺の効いた定番のネタサイトとして知られていた。しかし、ここ最近ツイッターでは見出しと短縮URLだけが一人歩きして、虚構新聞の記事が本当の記事として広まってしまうことが度々あり、今回の騒動で「嘘をつくにはその責任を負う必要がある」「迷惑かけたことは事実なんだから反省すべき」と批判する呟きもいくつか挙がった。

   もっとも、「クリックして元記事を確認しないのが悪い」という意見も多数ある。ITジャーナリストの井上トシユキさんは、

「ネタと炎上はネットの華。怒る人は許容度が低いです。そもそも、ネットを買いかぶり過ぎなんですよ。ネットの情報は玉石混淆というのが前提。マジレスする前に自分でソースを確認するべき。それこそ『ネタをネタと見抜けないとネットを使うのは難しい』ですよ。それと、ブラックジョークやエイプリルフールネタがあってもいいとしとかないと、ネットの自由がなくなる。行政が介入して『本当のこと』しか書けなくなったら、ネットは窮屈な場所になってしまうでしょうね。怒っている人は、自分で自分の首を絞めていることを理解して、引っかかった我が身を反省するべきです」

と話している。

   15日には、虚構新聞の運営者を騙るブログが「【お詫び】虚構新聞の更新を一時停止します。大きくなりすぎました」という文章を掲載した。今度も釣られる人が続出したが、虚構新聞がツイッターで否定。「賛否はあるかと思いますが、今後も通常通りの更新を予定しております」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中