新緑の森に孫を連れて行けない 原発事故で伝えられなくなったこと【福島・いわき発】

印刷
news_p133365_1.JPG

   物心づいたころから、町(現田村市常葉町)の裏山の雑木林で遊び回っていた。小学校に入学するより早く山学校に入学した、と思っている。10代後半からは意識して雑木林の中へまぎれ込むようになった。いわきで職を得たあとは休みの日(後年は昼休みも)、職場と自宅から近い石森山(=写真)へ車を走らせた。


   20代後半からおよそ20年間、石森山を丸かじりするように歩き回った。わが子をたたきおこして野鳥観察に連れだすこともあった。


   で、石森山の野鳥・野草・菌類については少し語れるようになったかもしれない。が、地質・地形、あるいは花・鳥・キノコ以外の生物は、となるとよくわからない。いずれにせよ、石森山は平のマチの人間の里山だ。アウトドア派を引き付ける。生活環境保全林として遊歩道などが整備されていることが大きい。


   ほぼ1年前の早朝、夏井川渓谷にある無量庵へ行った帰り、石森山の林道を通った。キジとリスがいた。先月も同じように石森山を経由したら、山菜を採りに来たと思われるおばさんたちがいた。里山ゆえの光景だ。


   3・11後、夏井川渓谷であろうと、石森山であろうと、まともに森を巡ったことがない。フラストレーションがたまっている。森の中に身を置きたい――という気持ちが抑えきれなくなって、先日、石森山へ出かけた。


   石森山の遊歩道は10コース、計11キロ。軸になるのは「せせらぎの道」だ。おわんで言えば、へりから底へとゆるゆる下っていく。底で「さえずりの道」が、次いで「マンサクの道」が合流する。「せせらぎの道」を歩いた。鳥のさえずりに慰められた。


   新緑の「野鳥の森」だ。原発事故がなかったら、5歳の孫に遊歩道めぐりを体験させていたかもしれない。が、今はそれが難しい。雑木林の価値・意義をどう孫たちに伝えたらいいのか。これだけは口で言ってもわからない。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中