日本人は睡眠時間が足りない 「昼間に眠気」が7割超える

印刷

   日・米・仏の3か国の中で日本人の睡眠時間が一番短く、睡眠への満足度も低いことがわかった。製薬企業サノフィ・アベンティス社による調査で、監修したスリープ&ストレスクリニック(東京・大崎)の林田健一院長が2012年 5月22日発表した。調査は2011年 8月、インターネットを通じて行われ、30歳以上の日本人約3300人、米国人約1700人、フランス人約2000人が回答した。

不眠の対処は「酒を飲む」

   それによると、平日の平均睡眠時間は仏7.07時間、米 7.01 時間に対し、日本は6.50時間。 6時間未満の人の率も仏10.2%、米12.5%に対し、日本は19.8%だった。睡眠の質への満足度は、仏61.1%、米59.4%、日本44.7%。その結果、「日中に眠気を感じる」と答えた人が、日本は70.9%で米56.0%、仏30.3%を上回り、「集中力がない」「気力・充実感がない」も同様に日本が米仏を大きく上回った。

   一定の質問から不眠症状のある人を選び、対処法などを尋ねたところ、米仏と日本は大きく違っていた。上位 3項目は米仏が「市販薬を飲む」「医師の診察を受ける」「医師からの処方薬を飲む」だったのに対し、日本は「お酒を飲む」(19.5%) 、「医師からの処方薬を飲む」 (13.7%) 、「とくに何もしない」 (13.1%) だった。生活習慣を聞くと、日本は米仏より飲酒する人の率が高く、運動する人の率が低かったが、寝酒で不眠を解消しようとの傾向がうかがわれた。医療機関を受診した人の割合も、米27.3%、仏25.6%に対し、日本は15.7%と低かった。

   林田さんは「日本人の睡眠時間や睡眠の質は問題がありそうだ。睡眠に関する知識は不十分で、睡眠の重要性が知られていない。症状があれば早めに医師に相談してほしい」と話している。

(医療ジャーナリスト・田辺功)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中