橋下大阪市長ウォッチ
普通預金などの公開 「出さないといけないとは思っているが、今はちょっと勘弁」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年5月28日、市の条例に基づいて11年12月の就任時の資産を公開した。大阪市豊中市の自宅マンション、貯金、金銭信託など総額は約5365万円で、自らが代表を務めている法律事務所への貸付金が約1102万円あった。借入金はなかった。条例では、普通預金や親族名義の資産は公開対象外だが、橋下市長は

「親族のものも、自分自身の普通預金も、すべて出さないといけないと思っている」

と公開対象を広げるべきだとの考えを強調した。ただし、

「『任意で出せ』と言われるかもしれないが、今はちょっと勘弁してほしい」

と、ルール化されていない段階での開示には否定的だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中