橋下大阪市長ウォッチ
「大阪都法案、消費税より歴史的意義ある」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月5日、民主党のワーキングチーム(WG)が「大阪都構想」実現に向けた法案をまとめ、各党の法案が出そろったことを受け、

「民主党も自民党も公明党も、みんなの党も、共産党以外は全党みんな、その(成立の)方向で動いていたわけですから、国の形、統治機構を変える蟻の一穴になりますからね」

   各党に協力を呼びかけた。ただし、

「成立はどうなんでしょう?これからの消費税の関係の中でね~」

と、消費増税法案の関連で、6月21日の通常国会会期末までの成立は微妙だとの見方。それでも、

「僕は消費税問題よりも、将来の国のあり方を考えれば、大阪都構想法案の方が、歴史的意義は高いと思いますよ」

と、法案の意義を強調していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中