高速道路5社、一気に社長交代へ 経営合理化「不十分」か

印刷

   国土交通省は道路公団民営化で発足した高速道路会社6社のうち、中日本高速を除く5社の社長をそろって交代させる、と2012年6月5日に発表した。同日に閣議了承し、6月末の各社の株主総会で正式に決定する。

   いずれも6月で1期2年の任期を迎えるが、交代は民営化の目的である経営の効率化、合理化が不十分であったためとみられている。

   羽田雄一郎国交相は社長交代について、「(中日本高速は)新東名の開通や新しい複合商業施設の開業など実績を上げた」とし、5社との違いを強調したが、半面、社長が交代することになった高速道路会社は、いずれも経営改善や経営合理化が進んでいないとの指摘に、羽田国交相はこれを否定し、「経営の問題ではない」と語った。

   なお、内定した5社の新しい社長は、東日本高速が廣瀬博氏(住友化学副会長)、西日本高速が石塚由成氏(住友金属専務執行役員/SUMCO副社長)、首都高速が菅原秀夫氏(東京都副知事/日本自動車ターミナル社長)、阪神高速が山澤倶和氏(阪急電鉄取締役/阪急神ホテルズ会長)、本州四国連絡高速が三原修二氏(川崎重工副社長/兵庫県雇用開発協会理事長)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中