女子学生との「交際疑惑」などについて 学費支援のstudygift運営者が釈明

印刷

   女子学生への学費支援サービスで物議を醸した「studygift」の運営者、家入一真氏とヨシナガ氏が今回の「騒動」について釈明した。

   しかしその後も家入氏とヨシナガ氏への批判や疑問の声は止まらず、「studygift」問題はまだまだ尾を引きそうだ。

弁護士らと相談しながら再開に向けて協議

   studygiftは2012年5月17日にオープンし、奨学金を打ち切られ学費が払えず早稲田大学を退学となった坂口綾優さんが「復学」できるよう金銭の支援を呼びかけていた。しかし坂口さんが当初退学の事実を明かしていなかったことや、旅行や写真を趣味としていること、支援の対象学生が1人しかいないことなどから、「事実を正確に書いてほしい」「学費が必要というのは建前では」「これでは『パトロン』ではなく『パパ』」などの批判が集中していた。これを受け、28日には集まった支援金を一旦全額返金することが決まった。

   家入氏は6月5日に「僕からSTUDYGIFTについて」というブログを更新した。「言い訳がましいと思われる表記があるかもしれませんが、僕は一切この件に関して言い訳をするつもりはありません。また、このサービスにかける想いは真実ですが、それが免罪符になるとも思っていません」と前置きした上で、坂口さんが学費に困っていることを知り、ツイッターで「学費に困っている学生をクラウンドファンディングの仕組みで救う事が出来ないか」とツイートしたら、多くの学生から反応がありこれはやるべきだと思ったこと、「坂口さんを救いたい」「顔の見える新しい支援の形を実現したい」という気持ちでスピード重視の物作りをしたこと、その結果坂口さんの現状確認がおろそかになってしまったことを説明した。

   そして問題点について、「studygift自体の説明やシステム、運営体制の不備」「支援対象学生である坂口さんの情報の我々の確認不足、説明不足」「学費支援をクラウドファンディングで行う事の重大性の認識不足」などだとし、今後はstudygift再開に向け、弁護士などの専門家などに相談しながら協議していくという。

坂口さんと「ルームシェア」していた

   家入氏の釈明について、ツイッターでは「『卒業する』とも『将来○○になりたい』とも思っていない人間を最初のモデルにしたこと自体が落ち度だったと思います」「事実と異なることを皆に発表していたことに、studygiftを作った皆さんも坂口さんも、誰もが指摘しなかったことに関して、『ばれなきゃ良い』としか思ってなかったと感じてしまう。だから今後この企画が改正・進行されても何も信じれないし支援できない」「魅力的だから遊び人でも誰でも支援する、といったシステムはちょっとつまんないな。そりゃ嫉妬も生む」など批判、疑問の声が噴出している。

   また、「面白い有能なサークルなどの学生組織に支援してはいかがでしょうか?そこから突出した個人への支援を拡大」「AO入試の様な仕組みが良いのかと。今までの成果をアピールするのでは無く、これからどうしたいかをアピールする」など今後の運営方針についての意見も寄せられた。

   ヨシナガ氏も6月5日に自身が発行するメールマガジンで、ブロガーのやまもといちろうさんらが「坂口さんと交際していたのでは」と指摘していたことについて釈明した。

   それによると、坂口さんと「交際するため」、または「すでに交際しているから」という関係で、studygiftで支援を開始したというのは事実ではない。坂口さんは経済的事情などにより、ヨシナガ氏の自宅に安い家賃で住んでいる、いわば「ルームシェア」の形を取っているとのことだ。これが事実ならば、交際はしていないがかなり親しい間柄にあったことは間違いないようだ。

   ヨシナガ氏の釈明に対しては「何故この件を隠し互いに他人の振りをしてたのか」「『俺ントコおいでよ』って言ったか、『ヨシナガさんの所に住みたい!』って言われたかのどっちかな訳で。凄い、関係、だよね、これ。"自宅"だし」「同棲にせよ賃借契約にせよ、がっつり利害関係者だろ。"教育"の名を冠するならば、ヨシナガさんは本件に関わるべきじゃなかった」など疑問の声が続出している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中