「ハロオタ」「モー娘。ファン」悲鳴 タワレコが「AKB」に乗っ取られる?

印刷

   NTTドコモが2012年6月11日、CD・DVD販売大手「タワーレコード」を子会社化すると発表すると、ネットでは、アイドルグループ「モーニング娘。」が所属するハロープロジェクトのファンから悲鳴の声が挙がった。

   タワーレコードは、ハロプロのコーナーを常設、イベントを開催するなど「ハロプロオタク(ハロオタ)」最後の砦などと言われてきたが、ドコモは今年から「AKB48」をフロントとしてCMなどに積極登用。そのためタワレコから、「ハロプロコーナー」が消滅してしまうのではないか、というのだ。

売り場やイベントが大変わりする心配

   一昔前、アイドルグループといえば「モー娘。」を代表としたハロプロ勢が人気を独占していた。しかし、「AKB48」の台頭などによりファンの数は減少し、出演するテレビも視聴率が取れなくなってきた。今年4月にはCDレンタル・販売最大手の「TSUTAYA」が「モー娘。」のCDの販売を辞めた、といった噂も流れた。もっとも「TSUTAYA」は「CDを販売する棚には限りがある」ためだとし、CDの扱いを辞めたとの噂は完全否定した。

   そんなハロプロファンにとって「最後の砦」と言われているのがタワレコだ。タワレコの嶺脇育夫社長は自他共に認めるアイドルオタクで、アイドルにハマるきっかけになったのが30代に出合った「モー娘。」。11年3月に社長に就任すると、タワレコ店舗内にハロプロコーナーを設置。アイドル・キャンペーン「Pop’n アイドル」ではハロプログループを積極登用するなど、ハロプロファンが喜ぶイベントを多数組んできた。

   そうした経緯があるだけに、ドコモはタワレコを子会社化というニュースに、ハロプロファンには動揺が広がった。これからはドコモのコントロールで経営が進められるわけだから、ハロプロをキャッチアップしてきた嶺脇社長の交代もありえる。しかも、ドコモの顔は今や「AKB48」であり、当然のことながら品揃えは「AKB」が充実していくはずだ。そのため、タワレコのハロプロコーナーは撤去され、「Pop’n アイドル」も「AKB」中心に変わっていき「最後の砦が瓦解する」というのだ。

「経営は大きくは変わらないはず」とNTTドコモ広報

   ネットには

「社長の好きにできなくなった。ハロ推し終了」
「AKB関連のCDばかりが置かれ、ハロプロは店の片隅に3枚ぐらいしか置かれなくなるんだな」
「店内にAKBの200人分の等身大POP並びます」

といった書き込みが出た。一方で、大人気の「AKB」関連商品が充実し、イベントに活用するとなれば、タワレコの業績が一気にアップするだろうと考えている人もいる。

   ドコモに今回のタワレコ子会社化について聞いたみたところ、ドコモは15年までの中期計画を続行中で、本業の電話・通信以外の分野、物販、金融、医療などで収益1兆円の事業計画を立てている。今回のタワレコの子会社化もその一環だ、と説明した。タワレコの子会社化で一番期待できるシナジー効果はCDやDVDなどのネット販売。「音楽不況」などと言われて久しいが、ネット通販「楽天」や「アマゾン」を見ても、こうしたパッケージの販売は伸びている。タワレコを子会社化することで、ネットを使った物販を強化するとともに、新たな販売促進手法などを考えていきたい、と同社広報は説明した。

   経営が大きく変わるのかどうかにについては、これまでも筆頭株主だったため役員を送り込み経営に参加していることで「それほど大きくは変わらないだろう」としている。ドコモの顔が「AKB48」のため、タワレコの店舗の品揃えやイベントに「AKB」を積極登用していくのかについては

「まだお話できることはありません」

ということだった。タワーレコードは現在、全国に91店舗展開していて、12年2月決算時の売り上げは558億円。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中