オウム菊地、高橋容疑者の情報提供 「報奨金1000万円」支払われない可能性

印刷

   オウム真理教元信者でサリン事件に関与した菊地直子容疑者(40)と高橋克也容疑者(54)の逮捕は、両容疑者を目撃したという通報がきっかけだったが、菊地容疑者を見つけた人物と、高橋容疑者逮捕の舞台となったマンガ喫茶の店員は、報奨金を受け取る対象にならないかもしれない、という。

通報者が「関係者」ならば支払いは無効となる

   菊地容疑者、高橋容疑者ともに、情報提供者には報奨金が最高1000万円支払われることになる。報奨を受け取るのは1人とは限らず、情報が重要なものかどうかで支払われる額が異なり、例えば、英会話学校講師のリンゼイさんを殺害した市橋達也被告に掛けられた1000万円の報奨金は4人に分配されたと報道された。

   ただし、容疑者確保に直結する重要な目撃情報を通報したとしても、支払いの対象にならない場合がある。それは、共犯者、情報を得るために法に触れる行為をしたもの、そして容疑者の関係者だ。もちろん、警察関係者は受け取れない。

   警察は通報者の名前や素性、支払った報奨金の額を一切明かさないが、複数の報道によれば、菊地容疑者の情報を通報したのは、菊地容疑者の同居人の親族だ、というのだ。「週刊ポスト」(2012年6月22日号)では報奨金に関する特集を組んでいて

「(通報したのは)菊地の同居人の親族なんです。犯人の関係者と認定されれば(報奨金を)受け取るのは難しいかもしれない」

という新聞記者のコメントを掲載している。

   高橋容疑者逮捕は、東京蒲田のマンガ喫茶が舞台になり、店員が報道陣のインタビューに応じる姿が繰り返しテレビで流れた。誰もがこのマンガ喫茶の店員のお手柄と思ったようだが、ネットでは、「マンガ喫茶の店員に報奨金は支払われないそうだ」などといった情報が出て、物議をかもしている。支払われないのは通報していない可能性があるためだ。

マンガ喫茶店員はヒーロー扱いされたのだが・・・

   警視庁に話を聞いてみると、高橋容疑者の逮捕のきっかけは、逮捕する2、3日前に大森署に入った電話だった。それは高橋容疑者に似ている人物がマンガ喫茶にいる、というもの。見かけたのは蒲田近辺ということで、担当は蒲田署に移った。そして15日の朝にマンガ喫茶に出向き、高橋容疑者に似ている人物を発見。その男はトイレに入った後、マンガ喫茶から出て行った。警察官が後を追い、マンガ喫茶から15メートル離れた場所で職務質問をすると、男は高橋容疑者だということを認めた。

   ネットではマンガ喫茶の店員がニュースに取り上げられヒーローのようになっているが、逮捕に協力してはいるものの、通報はしていないとするならば、報奨金の対象から外れるはずだ、という見方が出ている。また、2、3日前の目撃情報だとすれば、それがどれくらいの価値になるのかも定かではない、と考えている人もいる。

   この点を警視庁に聞いてみたが、重要な目撃情報を提供した人物が誰なのか、マンガ喫茶の店員であったのかなどは明かせない、とした。そして

「これまでの情報提供者がそうだったように、今回も複数の方が報奨金の対象となる可能性があります。現在は審査を続けている段階です」

と説明している。

   このマンガ喫茶にも報奨金のことを聞いてみたが、「取材はおことわりしています。わかりません」ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中