長谷川理恵自伝にバッシング相次ぐ  「イヤな女」の反省本だというが…

印刷

   モデルの長谷川理恵さん(38)が結婚を機に出した自叙伝が、ネット上やメディアなどでバッシングを受けている。赤裸々な恋愛体験談が反感を買っているためだが、事務所では「きちんと読んでもらえれば、思いが分かってもらえるはず」と説明している。

「彼と出会って初めて、私がイヤな女だったことがわかった」

石田純一、神田正輝との過去を赤裸々に

本を出した意図は?
本を出した意図は?

   長谷川理恵さんの著書「願力 愛を叶える心」の帯には、こんな言葉が紹介されている。彼とは、2012年6月3日に入籍したカフェ経営者男性(48)のことだ。

   その直後の8日に出た著書では、「イヤな女」だったという過去が反省の弁とともにつづられている。

   石田純一さん(58)とみられる元彼の俳優については、8年間の交際で、結婚を迫られたと明かした。しかし、若さもあって結婚には乗り気ではなく、石田さんが3億円もするという東京・成城の土地を勝手に買ったことをきっかけに、別れを切り出したとした。ところが、理恵さんは、以前から「成城に住みたい」と漏らしていたという。

   また、神田正輝さん(61)とみられる別の俳優との交際では、2人とも子どもができてもいいと考え、避妊していなかったことを示唆した。妊娠検査を毎月受け、検査薬も買いだめた、と明かしているからだ。石田さんとの交際と違って、理恵さんはどうしても結婚したかったというが、神田さんからは毎回はぐらかされたといい、ついに2月14日のブログで自ら交際終了を告げている。

   「イヤな女」ぶりが露骨に示されたのは、夫が3月中旬に婚約指輪を渡してプロポーズしたときだ。「あ、小さい」とがっかりした顔を見せ、激怒した夫が理恵さんから指輪を取り上げたというのだ。

   このストレスで夫が10日後に急性胃潰瘍で吐血したときは、「こんな程度の問題で」とキレたというが、その後、理恵さんは自らを冷静に振り返る。

いろいろあったけど、幸せだったよ、と訴えたかった

   夫の説得で長谷川理恵さんは、自らの金銭感覚がズレていたことに初めて気づいたというのだ。確かに、夫も事前に理恵さんに相談しなかったこともトラブルの原因になったようだが、夫がいないと自分は困ることになると考え、ようやく婚約指輪を受け入れる気持ちになったそうだ。

   とはいえ、ネット上では、アマゾンのレビュー欄で「これこそ自己中」などと非難の声が相次ぎ、2012年6月19日夕現在で、47件のうち最低評価の星1つが36件も付く状態になっている。また、17日放送のTBS系「サンデージャポン」で、タレントで医師の西川史子さん(41)が、結婚のタイミングで本を出したことを疑問視し、「賞味期限が切れて、やっと気づいたのかな」とかみつくなど、メディアでも批判が出ている。

   理恵さん所属事務所のリナーシェでは、担当マネージャーが批判に対して、こう説明する。

「本をきちんと読んでもらえれば、その思いが分かってもらえると考えています。本人は、最初は指輪が小さいと言いましたが、それは間違いで、大きさの問題ではないと気づいています。妊娠検査を受けていたなどの話も、本のポイントではありません。結婚を機に今までのことを振り返り、『いろいろあったけど、幸せだったよ』と訴えたかったということです」

   週刊誌などは、夫を尊敬する思いなどを取り上げず、変なところばかりをクローズアップしているとし、「タレントの方も、本をきちんと読んでからコメントして下さい」と呼びかけている。

   著書については、理恵さんが試練の中でも一歩踏み出そうとするところに、同年代の女性から「すごく勇気をもらった」との声が届いているとした。また、ワイドショーの司会者らも、暴露本ではなく反省本だとして、「いい本だよね」とほめたとしている。

   発行元のマガジンハウスによると、初版で2万5000部を出し、重版までしていないものの、好調な売れ行きだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中