橋下大阪市長ウォッチ
公募区長24人が決定「個性豊かで、バラバラ」

印刷

   大阪市の橋下徹市長が2012年6月21日の定例会見で、目玉政策のひとつであった「公募区長」24人の顔ぶれを発表した。政令市が全区長を公募で選ばれた人材から起用するのは初めて。6人は公募に応じた現職の区長が続投するが、残る18人は外部から起用。最年少は27歳の元NHK記者で、最年長は60歳の元岩手県労働委員会の事務局長。それ以外にも、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)運営会社社員や、関西電力社員などがいる。

   橋下市長は、多彩な顔ぶれを

「よく言えば個性豊かで、悪く言えば、バラバラ」

と評した。

   区長の公募には、全国から1460人の応募が殺到した。任期は8月1日(海外在住の2人は9月1日)から16年3月末まで。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中