橋下大阪市長ウォッチ
関電株主総会「発言3分ルール」に皮肉 「僕だったらオールナイトで質疑に応じる」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年6月27日午前、関西電力の株主総会に出席し、

「今がまさに時代の転換。経営陣の皆さん、その(原子力発電所に依存することの)リスクをしっかり念頭に置いて新しいエネルギー供給体制を目指してください」

などと、すべての原発の廃止を求める大阪市の議案に賛同を呼びかけた。大阪市は関電株の約9%を保有する筆頭株主。

   これに対して関電は、

「原発は、エネルギーの安定供給に引き続き重要」

などとして議案に反対を表明。議案は否決された。

   関電は、株主1人あたりの発言時間を3分以内に制限。橋下市長は、6月27日朝の段階で、この対応に、

「僕だったらオールナイトで質疑に応じるけどね」
「これほどピンチをチャンスに変える機会はなかったし、逆にここでの態度いかんでピンチが致命傷になる。ここでの株主総会について質疑がなくなるまで全て応答くらいやれば雰囲気は変わっただろうに」

と、ツイッターで皮肉をつづっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中