「アノニマス」日本向けの攻撃続行を示唆

印刷

   日本の政府機関や政党のウェブサイトにサイバー攻撃を仕掛けた国際的ハッカー集団「アノニマス」のメンバーのひとりが、主要紙の取材に応じ、2012年6月29日付の紙面や電子版にその模様が掲載された。

   読売新聞によると、取材はメールやチャットで行われたという。サイバー攻撃を行ったことを認めたうえで、違法ダウンロードの罰則化を盛り込んだ改正著作権法が修正されるまでハッキングを続けると回答している。攻撃に参加している人数については「200~300人」としたうえで、日本人も加わっているはずとした。毎日新聞(電子版)に対しては、「状況が変わるか、攻撃に飽きるまで」攻撃を続ける意思を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中