ロケットランチャーとはどんな武器か 威力があり、簡単に使えるため極めて危険

印刷

   福岡県北九州市の木造2階建て倉庫から多数の武器が見つかり、中にロケットランチャー1丁も含まれていた。近隣住民93世帯181人が避難する騒ぎにもなったが、このロケットランチャーはロシア製で、もともとは対戦車破壊用に作られたものだという。

   ビルを破壊できる能力があり、使い方も簡単だ。他にも輸入されている可能性が高く、専門家は極めて危険な状況にある、と警告している。

「ゲームの世界で起こるようなことが始まっているのか?」

   報道などによれば2012年6月28日、保険金詐欺容疑者を捜査中に同市内の倉庫を調べたところ、拳銃5丁、実包50発以上とロケットランチャーが見つかった。容疑者は故意に自動車を破壊し、損害保険会社に対し保険金の支払いを請求、2011年12月に約55万円を振り込ませたのだという。

   ロケットランチャーといえば、アクションRPG「バイオハザード」で、迫り来る大量のゾンビを一発で殲滅する強力な兵器、としてお馴染みだが、実際はどんな使われ方をし、破壊力はどれほどなのかよくわからない。

   ネットでは、

「九州にはゾンビでもいるのか?」
「ゲームの世界で起こるようなことが始まっているのか?」

などといった書き込みがネットの掲示板やブログに出ている。

   「最新版世界のミサイル・ロケット兵器 ICBMからロケット・ランチャーまで」(文林堂)などの著書がある軍事兵器専門家の坂本明さんに話を聞いた。今回のロケットランチャーは報道写真を見ると、1985年から製造されているロシア製の「RPG‐18」なのではないか、と分析している。「RPG‐18」は一回使って終了の「使いきり」で、東西冷戦時、相手国の戦車を破壊する目的で作られたものだという。

かなりの数量が既に国内で流通している可能性が高い

   21世紀に入り、戦争で戦車を使うことは少なくなったが、「RPG-18」は流通していて、現在はゲリラが隠れているアジトやビル、障害物を破壊したり、突破したりするためなどに使われているそうだ。持ち運ぶ時の長さは70センチ程で、ロケット発射時は全長約1メートルになる。重さは2.5キロほどで主に歩兵が持ち歩き、中には2丁、3丁と体にぶらさげて歩くロシア兵士もいたという。

   爆撃防護をしていない日本の小さなビルならば倒壊するか、大きな穴が開く威力がある。手元と先端に照準が付いていて、焦点を重ねてスイッチを押すとロケットが飛び出す。有効射程距離は200~300メートルあり、訓練を経た兵士ならば狙ったところに着弾させることができる。発射時の衝撃は少ない。

「作りが単純なため、操作も難しくはありません。操作方法を書いた紙のようなものがランチャーの側面に張られていますので、その通りにやればいいという感じです」

と坂本さんは説明する。

   値段は、ロシアの正規品なら1丁数百万円はするが、ソ連崩壊時に大量に放出された際には、安く販売されているものもある。また、模造品も各国で作られていて、その場合は正規品の十分の一の値段になっている場合もあるという。

   ロケットランチャーは形が筒型でさほど大きくないことで、他の荷物に紛れさせ輸入したり、分解したりして運び込んでいる可能性がある。今回1丁見つかったということは、かなりの数量が既に国内で流通している可能性が高いため、厳重な注意が必要だ、と坂本さんは警告している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中