ローソン、売電用の太陽光発電システム2000店舗に設置

印刷

   ローソンは2012年6月29日、発電量の多い地域を優先して、9月から店舗の屋根に太陽光発電システムを設置することを発表した。12年度中に1000店舗、13年度中に1000店舗の合計2000店舗に導入する。

   発電した電力は店舗で使用するほか、7月1日から施行された再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度にあわせて売買する。設置するシステムは売電用の10kW(5kW×2系統)、店舗使用の2kWの計12kWの発電が可能で、電力量は年間約1万1000kWhとなる。売電は電力会社申請許可後の10月から開始する予定だ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中