上野動物園の赤ちゃんパンダ、肺炎で死ぬ

印刷

   上野動物園(東京都台東区)は2012年7月11日、7月5日に生まれたジャイアントパンダの「シンシン」の赤ちゃんが11日午前8時30分、肺炎のため死んだと発表した。6時45分には赤ちゃんの鳴き声が聞こえたが、7時30分にシンシンのおなかの上で心肺停止状態で仰向けになっているのが見つかった。上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれたのは24年ぶりで、自然繁殖での出産は初めてだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中