加害生徒親族と思い込んで抗議、中傷 いじめ事件で事実無根デマが飛びかう

印刷

   滋賀県大津市の市立中学校で2011年10月に男子生徒が自殺した問題で、インターネット上では真偽不明の情報が数多く出回っている。

   加害生徒の親族や関係者とされる人物の実名や勤務先が事実確認できていないまま流布されて、電話による問い合わせ、抗議なども相次いでいるようで、中には「関係ありません」と発表したところもある。

「自殺生徒が搬送された」は事実無根

   滋賀県栗東市のある病院は、「自殺現場から数十km離れているにも関わらず、自殺生徒が搬送され、死因が隠蔽された」「加害生徒の親族が滋賀県警察のOBで、この病院に天下りした」という噂が「ソース不明の情報」としてインターネット上で流されていた。

   この病院には噂を見た人からの問い合わせが相次いだようだ。7月9日には公式サイトに「緊急のお知らせ」として、「この度の大津市教育委員会をめぐる報道で誤った情報が流布されておりますが、当院および当院の職員は、一切関係がございません。つきましては、この件に関して電話等をたくさん頂戴しますが、救急病院である当院の正常な診療に支障をきたしますので、良識ある言動をお願いします」という文書を発表した。

   病院にこの文書について問い合わせたところ、「病院関係者が加害生徒の親族である」「自殺した生徒がこの病院に搬送された」という噂が全くの事実無根である、とのことだった。

   滋賀県警OBの病院職員が加害生徒の親族であるという噂は、加害者とされる生徒と関係者の苗字が同じということから流れたようだ。県警は7月11日のJ-CASTニュースの取材に対し、「OBの名前が挙がっていますが、それは加害生徒の祖父などではなく、まったくの事実無根です。いろいろな電話がかかってきて、本人も迷惑しています」と答えている。

「県警OBのブログ」に中傷コメントの嵐

   真偽不明の情報による個人攻撃も行われている。7月6日に「学校関係者だけでなく、自殺した生徒の親も悪かった」と個人ブログに書いた人のプロフィールが県警OBの経歴と似ているとして、「加害生徒の親族が被害者を責めている」とインターネット上で騒がれた。

   ブログのコメント欄には「加害者の爺なら死ぬ迄追い込むぞ!」「おいジジイ てめー責任とって腹切れや!一族ロウトウ三族皆殺しだぞ!それだけの大罪を犯した!」「やっぱお前が告訴状受理しないように手引きしてたんだろ?OBさんよ」など、中傷の書き込みが多数寄せられた。

   このブログの主は後日、「今、話題となっている大津市の中学校、その保護者、学生、また教職員とは全くの無関係の立場である」と弁明している。

   また、タレントのデヴィ夫人も7月10日に更新したブログで、加害者として生徒の実名や写真、家族に関する情報を詳しく書き込んだ。デヴィ夫人は「悪童連を少年院に送れ!」と強い口調で糾弾したが、これらはインターネット上で得たと見られる情報だった。中には全く無関係の人物が写った写真も掲載されていた、という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中