チャン・グンソク本気? ベッキーへ「熱烈アピール」ファンやきもき

印刷

   韓国スターのチャン・グンソクさん(24)が、タレントのベッキーさん(28)にツイッターで熱烈アピールしたと話題になっている。

   あまりの熱意に「本気なのか?」と、やきもきしているグンソクさんのファンもいるようだ。

フォローしてくれないベッキーに「私がきらい?」

甘いマスクでもベッキーさんの心動かせず?(2011年8月撮影)
甘いマスクでもベッキーさんの心動かせず?(2011年8月撮影)

   事の発端は、2012年6月26日にベッキーさんが投稿したこんなツイートだった。

「日テレ到着。エレベーターに乗ったらバタバタ~と大人数様が乗り込んでくる。こんな時間に珍しいと思ったらチャングンソク様。かなりの衝撃。芸能界ってこんな偶然あるの!?私のこと知るはずもないし、挨拶せず、1分間のエレベーター移動中、チラ見を147回ぐらいさせて頂きました」

   このツイートに対してグンソクさんが返信し、ベッキーさんをフォローすると、ベッキーさんは

「チャングンソク様からの粒焼き(つぶやき)が届いた。どうしよう どうしよう どうしよう どうしよう どうしよう なんて返そう。わわわわわ。ちょっと考えてから打たなきゃ。あせるあせるあせるあせる」「フ ォ ロ ― ま で し て い た だ い た と い う 奇 跡」

と、喜び驚いている様子を見せた。

   しかしベッキーさんは一人もフォローしないことを決めていて、グンソクさんもフォローしなかった。グンソクさんはこれに傷付いたようで、6月29日、ベッキーさん宛てに

「オレはベキちゃんパロウ(フォロー)してたけどベキちゃんはしないね。私がきらいですか?心がいたいだよ。。。」

とツイート。ベッキーさんは「まさか!きらいなはずないです!ただ、私はだれもパロウしないようにしていただけです。しつれいでごめんなさい。…1週間だけパロウとかアリですか?(笑)」と返信し、グンソクさんもそれを了承した。こうしてグンソクさんとベッキーさんは1週間だけ相互フォローの関係となったのだ。

「住所教えて」「電話番号は?」熱烈攻撃

   相互フォローしている期間中、グンソクさんはベッキーさんに対し、

「べきちゃん!ごはんたべたの?おなかすいたじゃないかなしんぱいしているよ。よしのやの丼もってきみにいくかな」「住所がひつようですけど、どこにいけばいい?ひみつめせじ(秘密のメッセージ)でおしえてね!」「ちゅうううううう」「朝早めにおきたけどとつぜんベッキーちゃんが会いたいになちゃった。ベッキーちゃん!ブサンにきてね!」「こんど日本にいけばサインcdあげたいね!オレの心といっしょうに!」「電話ばんごうは?」

などと熱烈なツイートを送っていた。しかしベッキーさんがつれなかったらしく、7月1日には「ベッキーちゃんの好きなタイプはオレじゃなかったな。。じゃあバイバイ」と言い、その後フォローを解除したようだ。

   一方ベッキーさんは7月6日に、「"奇跡の1週間"がおわり。(中略)なんだかすごく嬉しいのにうまく表現もできず、言葉選びもへたですみませんでした。いやな思いをさせてしまっていたら、申し訳ありませんでした」とツイートし、グンソクさんのフォローを解除した。

   一部のグンソクさんのファンは一連のツイートに関して、「ちょ、むり…今わたしグンさん見れない……ベッキーへの思いが本気でこわい…」「めっちゃベッキーにガツガツいってて正直だいぶ引いてしまった」「グンちゃんベッキーとかやめて、がちで」と複雑な心境をつぶやいている。中にはグンソクさん宛てに「グンちゃん、ベッキーとはどうなったのかな?」「グンちゃんは、ベッキーさんが好きなの?」と直接ツイートしているファンもいるが、グンソクさんはそれには答えていない。ベッキーさんへのアピールが実らなかったのがショックだったのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中