「経歴詐称」疑惑教員に厳重注意 慶大大学院

印刷

   慶應義塾大学の人気教員に経歴詐称が指摘されていた問題で、同大学大学院 政策・メディア研究科は2012年7月17日、この教員を同日付けで文書で厳重注意したと発表した。厳重注意を受けたのは、金正勲(ジョン・キム)特任准教授。

   金氏は

「慶應義塾大学大学院准教授。ハーバード大学法科大学院客員教授等を経て2004年から現職」

と称していたが、この表記が不正確ではないかと学内外から指摘されたことを受け、5月27日にツイッターで、経歴を

「慶応大学准教授→慶応大学特任准教授/ハーバード大学客員教授→ハーバード大学visiting scholar」

と修正することを明らかにしていた。

   ウェブサイトに掲載されている発表文によると、大学院に調査委員会が設置され、6月から7月にかけて本人へのヒヤリングを含む調査を行ったところ

「職位表記における『特任』の省略の期限を越えて、省略表記していた点ならびに海外における経歴の一部に社会通念的に不適切な部分があった」

と認識した、としている。

   金氏の著書「媚びない人生」(ダイヤモンド社)は、すでに7万部以上売り上げており、7月11日の日本経済新聞朝刊に掲載された広告では、金氏の肩書きは「慶應義塾大学院 特任准教授」になっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中