橋下大阪市長ウォッチ
ツイッター発言で公募区長を注意へ「『アホ』『バカ』は許されない」

印刷

   大阪市の公募区長に就任したばかりの榊正文・淀川区長(44)が、ツイッター上で利用者を「アホか、相当な暇人やな」などと罵倒していたことが分かり、橋下徹市長は2012年8月9日の定例会見で、「それはダメです」と発言を批判した。

   榊区長は、ツイッター利用者の

「市民として市長に訴えてるんですが。その上から目線は何ですか?」
「おい、淀川公募区長。えらい発言をしているねえ。懲戒処分が必要だねえ」

といった感情的な書き込みに、「どうしたいの?」などと応酬してきた。8月7日から8日にかけて、榊区長は別の利用者から「これまでの暴言について明確に謝罪してからが初めてスタートライン」と呼びかけられたことに反応して、

「アホか、相当な暇人やな」

と書き込んだ。

   この発言について、橋下市長は「それはダメです」と断言。その上で、

「公選職ではなく一般職ということを認識しなければならない。僕と同じやり方ができるかというと、そうではない。ましてや、ツイッターで一般の有権者が色々言ってきたとしても、アホとかバカとか、そうこう言葉遣いは行政職としては許されない。すぐに注意する」

と、処分を含めて検討することを明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中