遠泳で竹島到着の韓国歌手、パニック障害で緊急搬送

印刷

   韓国から竹島を目指して遠泳していた韓国歌手キム・ジャンフンさんが2012年8月15日、竹島に到着後脱力とパニック障害の症状で病院に緊急搬送された。韓国メディアなどが報じている。

   キムさんは到着後竹島からウルルン島に移動して記者会見を開く予定だったが、竹島から乗った警備艇が高波でウルルン島に上陸できず、この過程で水泳の疲労により持病のパニック障害が発症したという。

   キムさんは8月13日、竹島は韓国の領土と主張する韓国人約40人とともに、韓国東部のウルジンの海岸を出発していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中