はるかぜちゃん(11)、身も心も「オッサン」になった 月刊誌「新潮45」に「論文」掲載で「うわああああ」

印刷

   小学生の女の子なのに、ブログや「ツイッター」での発言内容が深く切れ味が鋭いため、「実はおっさんではないのか?」などとネットで囁かれていた人気子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(11)が、「身も心もオッサンになってしまった」と嘆いている。

   月刊誌「新潮45」といえば手練の論客たちが熱弁をふるう言論雑誌だが、その最新号2012年9月号に「ぼくは腹の底から泣いた ネットの言葉について考えたこと」というタイトルの論文を寄稿。新聞広告にも顔写真が掲載された。それをフォロアーから指摘されたはるかぜちゃんは、12年8月18日に「ツイッター」で、

「ありがとございますん!。うわああああ。本当にオッサン雑誌にのってしまった。これで身も心もオッサン・・・」
とつぶやいた。

「ぼくはおっさんくさいけど…」

   ブログは3歳のとき、「ツイッター」は9歳から始めたはるかぜちゃん。自分のことを「ぼく」と言うのは、好きなアニメの影響だという。

   東京都の青少年育成条例問題では「都条例ぷんすか」などと言及して絶賛され、アイドルグループ「嵐」の番組に出たときはファッションチェックで辛口コメントを連発した。それに怒った「嵐」ファンから攻撃されたときは、

「こうゆうときの反応でファンの質が問われてしまいます。応援するタレントさんに、迷惑かける行為はやめましょう」

などと「大人の対応で撃退」し、喝采を浴びた。朝日新聞の12年8月17日付では1面に、顔写真付きでいじめに関する寄稿が掲載され、これも高い評価を受けている。

   ネットではタレント活動よりも「ツイッター」での発言が有名で、顔や姿は知らなくても、はるかぜちゃんのコメントは知っている、という人も少なくない。だから、はるかぜちゃんはバーチャルアイドルのような架空の人物だったり、実は「おっさん」だと思っていたりする人もいた。はるかぜちゃんは12年3月10日に「ツイッター」で

「ぼくはおっさんくさいけど、おっさんほどくさくないです」

などと弁明していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中