新大久保相変わらず大にぎわい 韓流ファンは竹島問題どこ吹く風

印刷

   韓国大統領による竹島不法上陸や天皇陛下への謝罪要求、野田佳彦首相の親書返送問題などで、日韓関係は悪くなる一方だ。

   日本国内でもデモが行われるなど反韓感情は高まっており、韓流ドラマの放送延期などもあって文化や芸能にも飛び火している印象を受ける。実際のところどうなのか。いまや日本最大の韓流エリアとなっている東京・新大久保界隈を歩いてみた。

アイドルショップも飲食店も人でいっぱい

新大久保駅前。これでもいつもより空いているという
新大久保駅前。これでもいつもより空いているという

   2012年8月29日13時、気温はとっくに30度を超え、じっとしているだけでも汗ばんでくる。

   新宿駅からJR山手線で一つ目、新大久保駅に降り立つと、平日の昼間にもかかわらず駅前には人がごった返していた。大久保通りと職安通りにはさまれた一角には、200以上の韓国関係の店がひしめき合っている。コリアンレストランから食品、コスメ、雑貨、DVDショップ、民芸品店など何でもある。

   いつもこのくらいの人出なのか、駅構内のキヨスクの店員に聞いたところ、「今日はちょっと人が少ない気がする。いつもは改札前にもっとたくさん人がたまっている」と話してくれた。

   駅を出て信号を渡った所にある韓流アイドルのグッズショップでは、多くの若い女性が店内を物色していて混み合っていた。店員に話を聞くと、やはり「今日はちょっと人が少ない」と言っていた。竹島問題の影響で最近人出が減っているか聞いたところ、「そんな感じはしない」とのことだった。この日はたまたま人が少なかったらしい。

   さらに大久保通りを東側へ進んでいくと、「イケメン通り」と呼ばれる飲食店や化粧品店が並ぶ通りがある。ここに向かう途中の道も人が多く、ぶつかりそうになるので思うように進めなかったほどだ。

   イケメン通りのコリアンレストランは外から見る限りどの店も多くの客でにぎわっていて、8割方は客席が埋まっているように見えた。

   ある飲食店に入ったところ、先客は3組ほどだった。店員は最近の人出について、「うちは予約もいっぱい入っているし、竹島問題の影響は全然受けていない」と言っていた。

   ひとまわりして、新大久保から帰ろうと山手線に乗ろうとしたところ、1つのドアから7人の乗客が降りてきた。若い女性のグループはプラットホームを歩いているだけで早くも漂ってくる強烈な韓国料理のにおいにはしゃいでいた。

熱いK-POPファン「禁止されたら日本出る!」

   新大久保のにぎわいと同じように、インターネット上でも韓流ファンの熱は衰えていないことがうかがえる。

   みんなの党の浅尾慶一郎衆議院議員が衆議院予算委員会で政治的パフォーマンスを行う韓流タレントの入国ビザを止めることを提案したり、東スポが自民党関係者の話として「韓流とかK-POPを禁止したらいい」などと報じたりしていることについて、ツイッターでは、

「なんかさ自民党がKポプ(K-POP)禁止令を提案しようとしたんやろ?なんで政治に文化を巻き込もうとするんかね」
「K-POP禁止になったら日本出るからね!」
「superjunior(韓国のアイドルグループ)に会えなくなるとか無理!いやだっもぅ政治家考え直してよ」

などとツイートされている。さらに「#KPOP禁止に反対の人RT」というハッシュタグまで作られている。「韓国に幻滅した」という韓流ファンもいるにはいるが、少ない。

   韓流ファンは大別して二種類いるといわれる。ドラマは主婦層が多いといわれているが、K-POP関係では圧倒的に若い女性が多い。そのせいか新大久保ですれ違った人々やツイッターで意見しているのは若い女性が目立つ。若年層は政治問題と文化交流を切り離して考える人が多いのだろうか。彼女たちの「韓国愛」はまだまだ冷めていないように見えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中