橋下大阪市長ウォッチ
「選挙屋として見られる」 衆院鹿児島3区補選擁立を否定

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年9月12日朝の囲み取材で、松下忠洋金融・郵政民営化相の死去にともなって行われる衆院鹿児島3区の補欠選挙(10月28日投開票)について、候補者擁立に否定的な考えを示した。

   橋下市長は、

「僕ひとりで決めるような組織ではないので、幹部会議を開くが、僕の意見はそういうことはやるべきではない」

と述べた。

松井府知事は擁立に前向き


   その上で、

「『まだやるべきことが見えない』ということを散々言われている中で、維新八策についても固めきっていない、しっかりそれが皆さんに伝わっていない中で、選挙に乗り出すというのは、選挙屋として見られるのは間違いない。今、府議会、市議会がある訳だし、そういうところにエネルギーを注ぐべきではないと僕は思っている」

と、補選での擁立は時期尚早だとの見方を示した。

   一方、大阪維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事は、

「戦う姿勢は示さないといけない」

と擁立に前向きで、橋下市長との温度差が浮き彫りになっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中