尖閣に上陸した日本人2人の正体 1人は幸福実現党員で歌手の男性

印刷

   尖閣・魚釣島に上陸した日本人2人のうち1人が、宗教法人「幸福の科学」を母体にする幸福実現党の党員だったことが分かり、話題になっている。上陸そのものについては、賛否が分かれているようだ。

   満州事変の発端になったとされる柳条湖事件から81年後に当たる2012年9月18日は、中国の反日デモがさらに広がる雲行きになっていた。

船には鹿児島市内の政治団体メンバーも

   この日は朝から、尖閣諸島の海域も慌ただしかった。中国政府の漁業監視船と海上保安庁の巡視船がにらみ合い、中国漁船1000隻もやって来るとの情報が飛び交う。そんな中で、日本の漁船1隻が魚釣島に近づいていた。

   この漁船からは、2人が泳いで魚釣島に上陸し、1時間ほど島内で活動した。その後、出港地の石垣島まで戻ると、国有地に無断で立ち入った軽犯罪法違反の疑いで沖縄県警から事情を聞かれた。

   報道によると、漁船には船長・船員を含め5人がおり、3人は、鹿児島市内の政治団体「薩摩志士の会」のメンバーだった。

   そして、「幸福の科学」の出版社が運営するサイト「ザ・リバティ」の18日付記事によると、上陸したメンバー2人のうち1人が、幸福実現党の党員であることをマスコミの囲み取材で明かした。「TOKMA」という歌手の男性(45)(東京都在住)で、魚釣島では、日の丸を掲げたりするなどの「愛国活動」をしていた。

   TOKMAさんは、党の政策を応援する歌を歌っており、党のイベントでライブをするなどしている。魚釣島では、ギターの代わりにホウキを抱え、「憲法9条改正!」などと訴える自作曲「I love ジパング」を熱唱したという。漁船には、TOKMAさんのほかに、上陸までしなかったものの、幸福実現党員の男性(42)も乗船していた。

「中国人の破壊行為と違う『愛国無罪』」と主張

   リバティの記事では、自国の領土に国民が行くことに警察が介入することを疑問視し、中国の反日デモでのキャッチフレーズを持ち出して、TOKMAさんらは「愛国無罪」だと主張している。

   TOKMAさんらが魚釣島に上陸したことについて、ネット上では、「支持するしかない」「いいぞもっとやれ」と喝采を送る向きもある。とはいえ、柳条湖事件のあった日にわざわざ日本の外交を難しくさせかねないことをするのか、「愛国無罪」では中国人と同じレベルと言っていることになるのでは、といった批判が相次いでいる。

   幸福の科学サイト「ザ・リバティ」の記事では、TOKMAさんは、党の指示ではなく、あくまで個人の意志で上陸したと囲み取材で話したとしている。一方で、幸福実現党では、「今回の事案は、日本の領土主権が脅かされている中、日本国民としての、やむにやまれぬ思いに駆られての行動と推察する」とのコメントを発表し、TOKMAさんの行動を支持していた。

   幸福の科学グループの広報局では、取材に対し、党の指示はなかったとしたうえで、「愛国無罪」との主張については次のように説明している。

「愛国心に基づいて日本の領土を守るという行動は無罪であり、中国人の破壊行為とは全く違うという意味合いであると考えます」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中