秋元康さん、「週刊新潮」を提訴 「記事で名誉毀損」

印刷

   週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、AKB48の総合プロデューサー、秋元康さん(54)が2012年9月19日、発行元の新潮社などに1億1000万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。スポーツ紙各紙が報じた。

   それによると、週刊新潮9月20日号は、「『AKB48』の原点となった『振り込め詐欺』の金!」をタイトルにした記事を載せたが、秋元さん側は「悪意に満ちたねつ造記事」「原告の社会的評価を低下させた」などと主張している。週刊新潮編集部は、スポーツ紙各紙の取材に対して、「担当者が不在」と答えたという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中