中韓外相会談「正しい歴史認識を世界に伝える」で一致

印刷

   中国の楊潔チ外相と韓国の金星煥外交通商部長官は米国時間2012年9月24日、国連総会が行われている米ニューヨークで会談した。両外相は、領土を含む正しい歴史認識を広く伝えていく必要性があるとの立場で一致した。

   中国は尖閣諸島、韓国は竹島と、それぞれ日本との間で領土問題が紛糾している。これを歴史問題と関連づけて、両国で日本への圧力を強めていくものとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中