尼崎コンクリ事件の奇々怪々 被告周辺「10人前後が行方不明」?

印刷

   兵庫県尼崎市で2人の白骨化遺体が見つかった事件は、10人前後が行方不明という異様な展開を見せている。それも動機などで不可思議な点がたくさんあるのだ。

   事件のカギを握るとされるのが、角田美代子被告(64)だ。角田被告は、2011年11月9日に尼崎市内の大江和子さん(66)がドラム缶にコンクリート詰めされた遺体で見つかった事件で、傷害致死罪で起訴されている。

白骨化遺体の2人は、親族か別人かもまだ分からず

   この事件では、角田被告も含め、大江さんの長女、二女、二女の元夫ら5人が起訴され、主犯格は角田被告とされた。大江さんらをワンルームマンションに住まわせ、日常的に暴行を指示していたという異様なものだった。

   さらに、今回は、角田被告を巡る別の事件が新たに持ち上がった。

   報道によると、角田被告の関係者が12年10月上旬、「ほかに3人の遺体が民家に隠されている」と証言し、兵庫県警が13日から容疑者不詳のまま殺人などの疑いで家宅捜索したところ、2人の遺体が床下の土の中から見つかった。

   1人は、白髪交じりの70歳前後の女性で、ろう状に固まり、両足の一部が白骨化していた。もう1人は、20~30代の女性だといい、黒髪が残っていたものの完全に白骨化していた。いずれも死後1年以上経っていた。

   この民家では、角田被告の戸籍上の親族になっている女性(87)とその息子らが10年ほど前まで住んでいたが、現在は空き家になっている。角田被告の夫が女性の長男(69)の中学時代の後輩という関係で、角田被告と知り合ったという。

   報道では、女性を含めてこの家の3人が行方不明になっているという。

   2人の遺体は、この家族かどうかはまだ分かっていない。しかし、家族とは別の女性2人だとも一部で報じられている。

兵庫県警「財産絡みの情報は出ています」

   一部報道によると、さらに3人が殺され、兵庫県内の別の場所に遺棄されているという。とすると、この3人は、民家の女性らである可能性もあるのかもしれないが、真相は不明だ。女性は、10年ほど前に「子どもと暮らす」と近所の人に告げて民家を出て行ったという。

   角田美代子被告の周辺では、民家の女性の孫に当たる義理の娘の角田瑠衣被告(27)ら2人が、女性の年金約370万円を不正に銀行口座から引き出したとして、2012年10月3日に窃盗罪で追起訴されている。この事件は、8月に判明したといい、その捜査の過程で角田被告の関係者が遺体について証言したと一部で報じられた。

   行方不明が10人前後とされる事件は、一体どんな関係なのか、兵庫県警に取材すると、捜査一課の次席はこう答えた。

「不明数が何人かは事実確認中で、知人としか言えません。年金絡みのものは特にありませんが、財産絡みの情報は出ています。ややこしい複雑怪奇な事件ですが、宗教ではありません。角田被告がいろんなことで知人らを支配下に置いたということです」

   県警では15日も家宅捜索を続けたが、遺体があるとの証言があった3人目はまだ発見されていないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中