オスプレイ反対のたこ揚げ「危険、中止を」と米側抗議

印刷

   沖縄県の米軍普天間飛行場に配備された新型輸送機「MV-22オスプレイ」をめぐり、地元住民が風船やたこを揚げて配備に反対していることについて、米側が2012年10月17日までにこれを中止するよう政府に抗議した。森本敏防衛相が会見で、風船やたこ揚げが「飛行の安全を妨げるという問題提起は、日米合同委員会で米側から提示された」と述べた。

   これを受けて防衛省は、沖縄県警に対応を求めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中