「iPS細胞で治療」主張の森口氏 東京大学が懲戒解雇

印刷

   東京大学は2012年10月19日、「iPS細胞を使って患者計6人に治療を行った」と嘘の主張をしていた森口尚史・医学部附属病院特任研究員に対し、同日付で懲戒解雇の処分を行ったと発表した。理由について、就業規則第38条第5号に定められている「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合」に該当すると説明している。

   人事労務担当の磯田文雄氏は「本学の教職員としてあるまじき行為であり、厳正な措置をいたしました。このような行為を、本学の構成員が行ったことは誠に遺憾であります。学術研究関係の調査は継続して行い、できる限り速やかに、事実を明らかにしていく所存です」とのコメントを発表した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中