韓国・農心ラーメン回収 米国にも波及

印刷

   「辛ラーメン」などで知られる韓国の食品メーカー・「農心」のインスタントラーメンについて、韓国食品医薬品安全庁(食薬庁)が一部製品の回収に乗り出したことの波紋が、米国などへも広がっている。2012年10月29日、朝鮮日報(電子版)が伝えた。

   記事によると、マレーシアの大型量販店ジャスコや米国の一部ディスカウントショップが、自主的に農心の関連製品を撤去した。米国、香港、シンガポール、ニュージーランドなどの流通業者は、製品の回収を検討していると言う。

   インスタントラーメン「ノグリ」をはじめとする農心の一部製品は、2012年6月に韓国の食薬庁が行った検査で、発がん性物質・ベンゾピレンが基準値を上回って検出されたかつお節を、粉末スープに使用していた。

   厚生労働省はすでに26日、8つの自治体に対し、農心の一部のインスタントラーメンを輸入した業者30社に自主回収を指導するよう通知した。また、中国国家品質監督権益局も、輸入業者に対し、農心の6製品を即時回収するよう指示。台湾行政院も25日、関連製品の回収命令を下していた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中