長谷川洋三の産業ウォッチ
日産ゴーン社長の強気:「中国の自動車販売は徐々に回復している」

印刷
「昨年(2011年)中期経営計画を策定した時には現在のような中国と日本の関係は想定していなかった。経営計画というものは、同じベクトルに社内の足並みをそろえるところに意味があり、すべてのことを想定しているわけではない」

   日産自動車社長兼CEOでルノー会長兼CEOのカルロス・ゴーン氏は2012年10月30日、東京都内の帝国ホテルで開かれた日本経済新聞社・IMD共催の第14回日経フォーラム世界経営者会議でこう発言し、尖閣諸島の領有権を主張する中国の反日デモが想定外であったことを認めた。

   しかし中国における自動車販売への影響については「注意深くモニタリングしているが徐々に回復している。中国の経済成長率7・5%は高い数字だ。中国は内需が強く、負債も欧日に比べれば低い。経済リスクはない」と強気の見通しを述べた。

   ゴーンCEOにとっては中国以上に頭が痛いのが円高。「今の為替水準が続けば海外で生産するか、市場から撤退するほかない。1ドル=79円は正常ではない」と強調した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中