「沖縄県民の懸念に対して敏感であるべきだ」 NYタイムズが基地県外移転、地位協定改定求める

印刷

   米ニューヨーク・タイムズ紙が、社説で沖縄に駐留する米軍の問題を取り上げた。負担軽減を求める沖縄県民の主張に大筋で沿ったもので、米軍施設の県外移転や日米地位協定の改定を求めるなど、米メディアとしては異例の内容だ。

   社説は、2012年11月3日に「沖縄の怒り」と題して掲載されたもの。

   社説では、海兵隊垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの普天間飛行場配備ですでに「火が付いていた」沖縄が、米兵2人による集団強姦致傷事件でさらに緊張が高まっていると指摘。その様子を、

「沖縄県民は、憤りと怒りを表現する形容詞が足らないかも知れない」

と表現した。

地位協定改定に「国防総省は抵抗するだろう」

   また、沖縄県民は、日米政府が、

「地政学的優位性が、飛行機の墜落や騒音、環境破壊や犯罪といった地元の懸念に勝っている」

と考えており、沖縄県民の主張は受け止められていない、とした。こうしたことを背景に、1995年の少女暴行事件から休みなく抗議活動が続いていると紹介している。

   10月の集団強姦致傷事件については、米側が謝罪し、夜間外出禁止令が出されたことにも触れた上で、仲井真弘多知事が日米地位協定の改定を訴えていることも指摘。改定は、日本の司法制度で米兵を裁くことができるようにすることが目的だ。この点については、社説では、

「国防総省は抵抗するだろう。(地位協定を結んでいる)他の地域でも同様の事態が起こることを恐れているからだ。米国の日本における軍事的プレゼンスは地域の安定にとって重要だ。しかし、米政府は、筋の通った沖縄県民の懸念に対して、もっと敏感であるべきだ。軍の行動をより厳しく制限し、効率的な訓練と監視を行うべきだ」

と主張しており、仲井真知事の主張に暗に同意した形だ。

「沖縄でのプレゼンスを軽減すべく迅速に行動すべき」

   さらに、

「軍をグアム、ハワイ、あるいは日本の別の場所に移して、沖縄でのプレゼンスを軽減すべく迅速に行動すべきだ。日米が沖縄県民の異議を真剣に受け止めていると信じられるまでは、沖縄県民が安全になったと感じたり、苦しみが減ったと感じることはないだろう」

と、在沖米軍の県外移転を主張している。

   社説の内容は、現時点では国内メディアでは琉球新報と沖縄タイムスが報じているが、両紙では

「米国の日本における軍事的プレゼンスは地域の安定にとって重要」

といった軍事的プレゼンスの意義に関する記述には触れられていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中