「脱原発アースキーパー」益戸育江 最近は「大麻研究」にご執心

印刷

   「高樹沙耶」の芸名で活動していた女優の益戸育江さん(49)が所属事務所を退社し、「大麻草」の研究を行っていることがわかった。

   沖縄・石垣島に移住して以来、「エコ」や「脱原発」などの主張を声高に叫んできた益戸さんだが、大麻にまで活動の幅を広げていたようだ。

「大麻取締法は人権侵害している」と主張

   益戸さんは2012年10月末で、所属していたオスカープロモーションを退社した。退社の経緯について、オスカープロモーションは「本人が今石垣島にいて、全く仕事ができない状態で、中途半端で申し訳なく事務所にも迷惑がかかるから退社したいという申し出があり、了承した」と説明している。

   益戸さんは11月5日、ツイッターで「何かに所属していると本音が言えない?!おかしな社会。だから独立!」と投稿している。事務所を退社した心境だろうか。

   11月6日発売の週刊誌「女性自身」には、「退社」以上に衝撃的な記事が掲載されている。益戸さんが「大麻研究家と一緒に生活している」というのだ。

   同誌は石垣島にある益戸さんの自宅まで突撃取材を行っている。インタビューをしたいと話している最中、家の中から男性が出てきたという。この男性の知人が、男性は益戸さんと一緒に暮らしているが、「大麻草検証委員会」の代表を務めていると話したというのだ。

   「大麻草検証委員会」とは、公式サイトによると「立法目的が明記されておらず、保護法益も不明確であって、被害者なき法律の典型である」大麻取締法の運用の改善と改正を働きかけることを目的に設立された委員会らしい。「大麻取締法は人権侵害している」とまで言い切っている。

   この委員会の代表は森山繁成氏という人物だ。森山氏はサイト上で、「大麻草については、様々な誤報がメディアで飛び交い」「『大麻草』が持つ特性の正しい情報が立法府、司法府、行政府に伝わっていない」と嘆いている。そして、「大麻は日本人にとって昔から神社、寺院、天皇家に伝わる神事などにおいて広く利用されてきた神聖な植物」「大麻草を日本の『国草』にしよう」などと主張、大麻取締法を改正する運動の署名も行っている。

   12年10月31日には、自身のFacebookで「石垣島に公私とも用事が多く来島して長期に滞在している・・・」と投稿しており、石垣島に足繁く通っているのは事実らしい。

「地球のバイブス感じて!チョットやばい感じしない?!」

   益戸さんは12年7月14日、自身のブログに「大麻草検証委員会 幹事表明!!」という記事を更新した。

   記事では、「大麻草検証委員会」の幹事に就任したことを報告。「お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物」「日本は今自殺や、うつ患者、いじめが増え続けています。これらに大麻が有用である事は証明済みなのです!!」「原発がよくて、大麻がだめ?何か間違っていませんか?北海道では皆さんの税金で、この聖なる植物を撲滅しているのです!!」と熱っぽく語っている。

   そして、「正直申し上げます、私の海外の経験で知りました。18才ぐらいに初めて知り、時おり食べたり吸引しましたが、しっかり税金も払い普通の社会生活もしてきました」と過去に大麻を吸引していたことを明かした。

   益戸さんは07年に千葉・房総半島に移住し、農業などを行ってエコロジーな生活をしてきた。しかし11年3月11日に発生した東日本大震災がきっかけで石垣島に移住する。ブログでは、移住にあたって「アースキーパー益戸育江として残りの人生を過ごしてゆく」と表明し、電気、水道、ガスから卒業して「妖精の住む庭をクリエイトする」などと語っていた。

   また、ツイッターでは、「無農薬、放射能フリー、花粉情報!根本的に間違った社会システム!一人でも多くが、自ら辞めて、新しい生き方しましょう、誰かがやるのを待っていてはダメです!いま必要なのは、一人一人の行動、文句なし!やるのみ!」など、「脱原発」を強く主張していた。

   最近は「大麻草を吸ったり持ったり育てたりするとすごく騒ぐのに、真面目に検証しようと声をあげても見てみぬ振り!?気持ちの悪い国だな~そして見た事も触ったこともない人が語る?!おかしいな~?!」(12年11月3日)、「耳を済ませて 目を閉じて ハートに手をあてて 呼吸を深く 地球にフォーカス!」「このまま行けばすごい景色を見そうだなー! 地球のバイブス感じて! エゴを少し外して チョットやばい感じしない?! 気をつけようね!」(11月5日)などと自身の思いをツイートしている。

   なお、11月6日には女性自身の記事について「しかしひどい写真をわざわざ使うねあの手の雑誌は作業を終えてヘトヘトで後片付けしてるのを隠し撮り!お下品ですこと! 」などと批判のツイートをしているが、内容については特に否定していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中