橋下大阪市長ウォッチ
石原新党との合流「可能性は残しておかないと」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年11月7日朝の囲み取材で、近く行われる「たちあがれ日本」と「みんなの党」との政策協議について、

「政策、理念、価値観の一致。そこをとにかく探ってもらうという一点。政治的な話とか選挙の話とかは、その後」

と述べ、政策面でのすりあわせを優先させたい考えを改めて強調した。

合流するかどうかは「そのときの状況じゃないですかね」


   橋下市長は、いわゆる「石原新党」の母体になる「たちあがれ日本」メンバーとの合流には否定的な見解を繰り返しているが、記者の

「石原新党と最終的にひとつになるという選択肢は残っているのか」

との質問には、

「あらゆる可能性はこの段階では排除している訳ではない。可能性というものは残しておかないといけない」

と含みを残し、

「ベストは、ひとつになるということか」

と念を押されると、橋下市長は

「それは、そのときの状況じゃないですかね」

と、かわしていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中