異郷の地で「孤独死」 強まる孤立感と望郷の念【岩手・花巻発】

印刷
勇壮な虎舞に被災者は歓声を上げた=花巻市西宮野目の「結海」で
勇壮な虎舞に被災者は歓声を上げた=花巻市西宮野目の「結海」で

(ゆいっこ花巻;増子義久)

   虎が宙に舞い、地べたを這うたびに拍手の輪が広がった…。東日本大震災から1年8ヵ月となる11日、花巻市内のかけはし交流産直「結海(ゆうみ)」に秋田県五城目町と岩手県大槌町、それに地元・花巻市の住民などが集い、郷土芸能を鑑賞しながら犠牲者の冥福と一日も早い復興を祈願した。


   震災当日、大槌町の観光ホテルに宿泊していた五城目町の老人クラブの一行はホテル従業員の決死の救助活動で全員が無事に救出された。これが縁となって日本海と太平洋を結ぶ交流が始まり、今年5月に中間点の花巻市に「結海」がオ-プン。月命日の11日には様々な交流イベントが続けられてきた。


   この日は大槌町の郷土芸能である虎舞と五城目町のスコップ三味線、それに地元の鹿(しし)踊り、花巻シニア大学の創作ダンスなど盛りだくさんのプログラム。勇壮な虎舞が始まると、取り囲むようにしていた大槌町出身の被災者から割れるような拍手と歓声がわき起こった。


   「我が家でも2頭の虎を買っていたが、津波で流されてしまった。これを見ると体全体の血が騒ぐの」。大槌町から花巻市に避難している佐藤美津さん(74) はハンカチで目頭を押さえながら身を乗り出した。現在、花巻市には沿岸被災地や福島県などから259世帯(517人)が避難しているが、うち大槌町が102世帯(221人)と圧倒的に多い。


   この夏、花巻市内で一人暮らしをしていた大槌町出身の男性(49)が「孤独死」(病死)しているのが発見された。着のみ着のままで故郷を追われ、今また異郷の地で暮らす被災者の間には長引く避難生活で孤立感と望郷の念が強まりつつある。「結海」で働いている同じ大槌出身の平野菊枝さん(62)がぽつりとつぶやいた。「そりゃ、やっぱり故郷に戻りたいけど、何時になることやら。虎舞を見るともうだめ。身震いしちゃって…」



ゆいっこ
ゆいっこネットワークは民間有志による復興支援団体です。被災地の方を受け入れる内陸部の後方支援グループとして、救援物資提供やボランティア団体のコーディネート、内陸避難者の方のフォロー、被災地でのボランティア活動、復興会議の支援など、行政を補完する役割を担っております。
ゆいっこは、「花巻」「盛岡」「北上」「横浜」「大槌」の各拠点が独立した団体として運営しておりますが、各拠点の連携はネットワークとして活用しております。
■ホームページ http://yuicco.com/
■ツイッター @iwate_yuicco

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中