アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」稼農楓、妊娠・中絶報道にブログで謝罪

印刷

   人気アイドルグループ「SUPER☆GiRLS(スーパーガールズ)」の稼農楓(かのうかえで・20)さんは2012年11月15日発売の週刊文春で妊娠中絶していたと報じられたことについて16日、自身のブログで謝罪した。

具体的な説明なく「これからも全力で頑張って行きたい」

   稼農さんは16日深夜1時に「皆さんへ」と題したブログを更新。「今日発売された週刊誌のことで、いつも応援してくださっているファンの皆様、SUPER☆GiRLSのメンバー、iDOL Streetのみんな、そして、いつも支えてくださるスタッフの皆様たちにご迷惑をお掛けしてしまいました」と謝罪した。

   応援してくれるファンに少しでも早く伝えたいと考え、ブログで情報発信したという。記事に関する具体的な説明はなく、「これからも全力で頑張って行きたいと思っていますので、よろしくお願い致します」とブログを締めくくっている。

   週刊文春によると、交際相手は高校の先輩で、2人は2011年初夏から交際をスタート、お互いの親が公認するほどの仲だったという。しかし同年末に妊娠が発覚、協議の末、中絶したという。稼農さんが事務所を辞めて結婚することも考えたが、事務所から卒業が認められず、2012年5月に別れたという。

   SUPER☆GiRLSは10月に発売したシングル「赤い情熱」がオリコン週間ランキングで初登場2位を記録、紅白出場も噂される人気上昇中の11人組アイドル。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中