長谷川洋三の産業ウォッチ
ホンダ社長の中国ビジネス論:現地化こそが不買運動を乗り越える唯一の方法

印刷
「中国でビジネスを成功させるには現地に溶け込むほかない。現地化の推進こそが日本製品の不買運動を乗り越える唯一の方法だ。政府が何と言おうと大事なことは消費者の信頼を得ることができるかどうかだ」

   ホンダの伊東孝紳社長は2012年11月19日、第33回本田賞授与式の後のレセプションで中国の不買運動に対する対応策を尋ねた私にこう強調した。中国に吹き荒れる反日の嵐は中国ビジネスで売り上げを伸ばしてきた日本の自動車メーカーを直撃、ホンダの場合も下期の売り上げに影響を与えているが、改めて「現地化」の必要性を説く。ホンダなどにとっては北米市場の回復は朗報だが、中国市場についても粘り強く落ち込み回避に全力を挙げる方針だ。

   ホンダは2013年度に主力の「フィット」の全面刷新や「アコード」の新モデルを発売する方針で、ハイブリッド車(HV)もシステムを刷新して主力モデルに位置づけている。今年の本田賞には拡散MRI技術を科学的に確立したフランスのデニ・ルビアン博士に授与し技術のホンダとしてエコテクノロジー発展の応援団役を誇示した。中国戦略も長期的視点で取り組む。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中