吉野家、250円牛丼店を「実験」

印刷

   吉野家ホールディングス(HD)は、並盛りで250円の牛丼を販売する新店舗、「築地吉野家 極(きわみ)」を「実験中」だ。2012年10月に東京都板橋区と江戸川区に2か店を出店した。メニューは牛丼の並盛り(通常は380円)と大盛り(480円)に絞り、豚丼やカレーなど品数が多い通常の吉野家との違いを明確にした。

   品質を落とさずに提供するため、出店コストが抑えられる場所への出店を考えており、将来的には100店舗に広がる可能性もある。

   吉野家HDは、「店舗スペースが手狭などの条件のなか、低価格店のポテンシャルがどの程度のものなのかを含め、実験中です」と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中