長谷川洋三の産業ウォッチ
元ソニー社長出井氏のエール:ソニーはもちろん復活できる

印刷
「ソニーはもちろん復活できる。古い産業はどんどん変わらなければならない」

   元ソニー社長でベンチャーコンサルタント会社のクオンタムリープの出井伸之社長は2012年11月22日、東京都内で開いた「出井さんの75歳を祝う会」でソニーの将来を尋ねた私にこう強調した。

   クオンタムリープはベンチャー支援のコンサルタント会社としてベンチャーキヤピタルなどと協力して米国やアジアなどで第二、第三のソニーを作ろうと企業興しに力を入れているが、古巣のソニーは株価も低迷して苦しい状態が続いている。ソニーを変えるには旧体質の改革こそ急務というわけだ。

   75歳を迎えた出井さんは「第四の人生の始まり。これまでと変わらずがんばっていこうと思います」とあいさつ、若手育成に残り人生を捧げる決意を示した。サポーター代表のマネックスグループの松本大社長も「出井さんはインターネット経済の守護神」ともちあげた。もっとも出井社長の時代、ソニーは映像や金融など多角化戦略を展開したが本業のエレクトロニクス部門で競争力体質を築くことができずその後の赤字体質を生み出すことになった。それだけに「第四の人生」の門出を祝う声のなかでも複雑な思いをかたる産業人も少なくなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中