維新の会とみんなの党が合流断念

印刷

   日本維新の会とみんなの党が合流を断念したことが分かった。

   報道によると、維新の会の合流打診に対し、みんなの党の渡辺喜美代表は2012年11月27日、拒否を通告し、維新の会の松井一郎幹事長も「物理的に無理だ」と報道陣に語った。政策的には近いとして衆院選で共闘したい考えをともに示しているが、競合選挙区も多く、どこまで実現するかは不透明な情勢だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中