ローソン、ヤフーと組み、ネット宅配に参入

印刷

   ローソンは、ヤフー・ジャパンと提携して、インターネットを使った宅配事業に参入すると、2012年12月4日に発表した。ローソンが51%、ヤフーが49%を出資し「スマートキッチン」を設立。13年1月中旬から、食品や日用品などを宅配する。

   注文用の専用サイトを立ち上げ、食品や日用品を幅広く扱う。1月に1万1000品目でサービスを開始。3月のグランド・オープン時には大型スーパー並みの約2万3000品目を取り揃える。オリジナル商品として、「本格10分手料理(食材キット)」など、冷蔵・冷凍食品も用意する。

   注文はパソコンのほか、スマートフォンやタブレット端末からも可能。宅配は毎週1回、首都圏は送料無料。口座振替、Yahoo!ウォレット、クレジットカードで決済する。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中