手術時にがんはかなり進行していた? 亡くなった勘三郎さん「本当の病状」

印刷

   57歳の若さで亡くなった歌舞伎俳優の中村勘三郎さんについて、食道がんの病状が発表内容よりもっと重かったのでは、との声が出ている。関係者は、深刻な病状を分かっていたようだ。

   「軽い肺炎のようなもの」「大げさなことじゃない」。

   週刊新潮などが2012年11月15日発売号で中村勘三郎さんのICU(集中治療室)入りを報じたとき、所属事務所側は、こう言って重篤説を否定した。

手術は12時間と普通の倍ほどかかっていた

   しかし、それから1か月も経たない12月5日未明、勘三郎さんは、都内の病院で亡くなった。伝えられていた食道がんではなく、重い呼吸不全に当たる急性呼吸窮迫症候群という聞き慣れない名前だった。

   勘三郎さんに食道がんが見つかったのは、6月だった。内視鏡でがんをつまんで取るなどして治るとされる初期のがんと事務所側は説明した。7月27日の手術は、12時間もかけて行われたが、術後の経過は順調で、病棟内を歩くほど回復したともした。

   その後、肺炎になって呼吸不全の重症となり、専門的な病院に2度転院したものの、そのまま帰らぬ人となってしまった。

   専門家によると、勘三郎さんの症状は、手術のときから深刻だったらしい。

   12月5日放送の日テレ系「スッキリ!!」では、消化器系の病気に詳しい吉祥寺セントラルクリニックの矢端正克院長が取材にこう答えた。

「12時間という手術時間から考えると、かなり進行していたのかな。または、転移がかなりあったのかな、と推測はできます」

   食道がんの場合、普通は6時間前後だという。手術時間が長ければ長いほど、呼吸不全といった合併症になる危険性は高まるとし、勘三郎さんの場合も、手術が原因でなったとも推測されるとした。新潮などは人工肺を着けていたと報じており、矢端院長は、それが長引くと肺機能が衰え、どんなベテランの医者でも手に負えなくなると指摘した。

関係者「病状はあまりよろしくなさそうだとあるところから聞いていました」

   ある歌舞伎関係者は、中村勘三郎さんが亡くなったことについて、「驚きはありませんでした」と取材に明かす。

   それは、勘三郎さんの手術があったとき、事務所側の説明に「あれっ、おかしい」と矛盾を感じたことだ。12時間もかかっていたのに、手術は成功したとアナウンスしたことに違和感を持ったのだ。

「胸を開ける手術をしていたんだと思いました。週刊誌報道の1、2週間前から『病状はあまりよろしくなさそうだ』とあるところから聞いていましたが、手術のことを知って、もう舞台には戻れないかもしれない、と思いましたね。命に関わる問題だと分かったからですよ」

   勘三郎さんは、江戸時代の芝居小屋を復活させた「平成中村座」を立ち上げて海外まで活躍し、テレビなどへの出演も多かった。それだけに、ネット上では、その早すぎる死を惜しむ声が相次いでいる。2013年4月にオープンする新しい歌舞伎座のこけら落としなどに出演することを本人も楽しみにしていたが、その願いはかなえられなかった。

   演劇評論家の中村義裕さんは、勘三郎さんについて、こう評する。

「非常に情熱的な役者でしたね。緻密に計算して役を作るよりもむしろ、役の感情にのめり込んでいく、動物的な感覚で天才肌の持ち主でした。また、これからの新しい平成歌舞伎のありようを一生懸命に考え、若い役者たちのお兄さん的な存在になっていました。こうした点で亡くなったことはもったいなく、とても残念に感じています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中