菅前首相、交通事故で十数針縫っていた

印刷

   2012年12月13日15時半頃、菅直人前首相(66)が乗った選挙カーが東京・府中市の交差点で中央分離帯のポールに接触する事故を起こした。菅氏は同日夜の演説会終了後「助手席にいて、衝撃で頭をフロントガラスにぶつけた。5センチくらい切り、十数針縫った」とけがの程度を報道陣に説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中